高校3年生学校休業中の受験対策

英語が得意な高3生でもインター生でも帰国生でもビビる:東京医科歯科の英語

2020-05-07 12:01:55
テーマ:英語教室

さて、コロナで学校がやっていない=英語力アップの大チャンスです。

今日は東京医科歯科大学の問題です。我がスクールにも医学を目指すメンバーが年々増えてきました。

今年はCOVID19 が出るに決まってるー!と私は医学系受験生に公言し、彼らには1日1000ワード以上の

英文記事を5分で読む練習を必ず宿題で出します。 意味がわからなくても5分で速読し、感想を述べます。

英検1級対策でしたらWashingtonPostメイン、今回ご紹介する医学部はThe Science, やDoctors関連の文章を速読させております。

では、なぜICHODORI生長文読解が得意になるの?

誰でも効率的に解けるようにトレーニングしてるからです。

トレーニングはやれば誰でもできるようになります。今からでも間に合います。

では

結論:海外の発表論文やニュースを1日に5回は目を通そう。

対策:本番なれするために、わけがわからなくても難しい問題を見ることを増やす。

基礎をやっている暇はありません。時すでに5月。後受験までに何日あるの?となるため今は高度な技を学ぶ時期です。

志望校別赤本を開いて、問題文の文献がどこからきているか、問題形式はどうなのか傾向、特徴を掴む作業をします。

各大学毎年形式はほぼ同じです。その辺は大学側も受験生に優しくし、勇気を与えてます。

傾向の掴み方は

東京医科歯科大の問題ですと

1長文がかなりの高度(海外医学系雑誌やら、生物系雑誌The Scienceなどから)

2医者、看護師、歯科医、医療従事者としての意見なども求められる。

3問題数は各学部に分かれるが全学科共通問題の正誤問題が24 くらい出る。( 1問1分で解かないと間に合わない。)

4単語は英検準1、1級レベル(ただし日本語訳は簡単)

5論文もある(英文読んだ後、特定箇所について日本語で400字でまとめる。90分のうちこちらに時間がかかる。)

6医学用語は当然のこと、現状の世界情勢および、発展途上国を含む感染症、古病理学も理解していないといけない。 有史以前の医学状況、ミイラにガンが見つかったことはほんとかどうか、等、、、歴史的医学も知っていないといけない。

⇨これをまだ医療に従事する前の高校生が知っとけ。。ということらしいです。若干18前後のみなさん。

考えまとまってます?⇨でも大丈夫。一度型を抑えて意見の書き方を覚えればOK

ですが、普通にいわゆる塾で共通テストの勉強しているだけでは間に合わないですよね。

現実を知るということが

受験の始まりであり、成功法則の一条でもあるのです。

結論:

短い文章和訳なんかしてないで海外の文献を読みましょう。 

私ももう「ドクターになれるくらい」詳しくなりました。当たり前ですが赤本15年分解きましたんで。

疫病の歴史、過去に起こった自然災害にまつわるその後の市民の身体状況その他、、、。語ると長いです。

まず 、みんな、下の文章読んで見て。⑶をやりながら解くと時間短縮になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。